ひろメディカルケアって?

神奈川県相模原市の治療室です。
当院では特にスポーツによる様々な障害・外傷をはじめとして、日常的な腰痛・膝痛・肩痛などの改善に力を入れております。

また、身体の痺れ・偏頭痛・突発性難聴などの改善実積も多数あり。

どこに行っても良くならない身体のお悩みの解決のお手伝いをさせていただきます!

「腰痛でお困りなら知ってほしい 腰痛の原因で正しいのは1.5%??」(動画あり) 相模原 【ひろメディカルケア】

腰痛

こんにちは。

成長痛と身体の痛みの改善専門家、ひろメディカルケアのヒロです。

昨日は下のようなブログを書きました。

「え?腰痛の85%は原因不明??」 相模原 【ひろメディカルケア】

この中で「腰痛の85%は原因が分かっていない」ということを書きました。

腰痛で病院にいって何らかの処置をしてもらった時に10人のうちの8人強は原因がハッキリ分からないままで湿布を貼ったり痛み止めを処方されたりしているということになります。

これはこれで驚きですがさらに驚きのことをご紹介したいと思います。

残りの15%「特異的腰痛」

85%の腰痛は原因がわからないということは、これはつまり「腰痛の15%は原因が分かる」ということでもあります。

この原因が特定できる腰痛を「特異的腰痛」と言います。

特異的腰痛は、診察や 画像診断で原因が特定できる腰痛です。 坐骨神経痛を伴う椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、〝赤信号〞の腰痛と もいわれる感染性脊椎炎や脊椎腫瘍など整形外科の病気のほか循環器科、泌尿器科、婦人科などのさまざまな病気が原因で起こる場合もあります。

東京大学東大病院運動器疼痛メディカルリサーチ&マネージメント講座「非特異性腰痛とは」より

※余談ですが、現実的に整形外科で診察をうけて腰痛の原因がはっきりしない場合に内科や婦人科を紹介されるケースは稀だと思いますので、そう考えるとそのケースは「非特異性腰痛」という範疇のほうが現実的には近いような気がします。
閑話休題。

この15%のケースでの腰痛なら原因が分かっているのだから適切な処置を受けて痛みから解放されるのか?といえばそう簡単ではありません。

むしろ原因を明言されることで治療方法が限定されてしまい結果的に「痛みと上手く付き合う」という事にならざるを得ないパターンも多いです。

どういうことか?

例えばあなたが腰の痛みや足の痺れで病院に行ったところ「腰椎ヘルニア」と診断されたとします。

そして「その症状を治すには手術しかない」と言われたらどうしますか?

ほとんどの方は「いや、手術はちょっと・・・・」と躊躇されるのではないでしょうか。

その結果として手術をしないとなったら、痛み止めと湿布を使って痛みと上手く付き合う・・・ということにならざるを得ないのです。

そして症状の原因を明言されていることで他の治療を試しても無駄と思い込んでしまい、諦める・・という流れです。

9割が誤診???

「神の手をもつ腰痛の名医が断言。椎間板ヘルニアの9割は誤診です」というサイトがあります。

ここには驚くべき内容が書かれていますが、れっきとしたドクターの証言です。

若い世代も含めて、私の診察室にも「椎間板ヘルニア」が治らないという、たくさんの人がやって来ますが、ほとんどが「誤診」なのです。「誤診」という言い方に語弊があるなら、「ヘルニアはあっても、そこから痛みが出ているわけではない」と言い換えましょうか。

現代ビジネス「神の手をもつ腰痛の名医が断言。椎間板ヘルニアの9割は誤診です」より

この記事のような内容は私のような民間治療家にはとても発言しにくい内容です。

しかし、著名なドクターであり多くの結果を出されているかたの発言なので引用させていただきました。

文章の中のポイントとしては「ヘルニアはあっても、そこから痛みが出ているわけではない」という部分です。

なぜそのようなことが起こるのか?については下のように書かれています。

この定説にさらに拍車をかけたのが1990年代に普及したMRI(核磁気共鳴撮像法)です。「椎間板の変形」がみごとに撮影できたため、これが腰痛の原因だと〝画像信仰〟を加速させました。ここに腰痛治療の落とし穴があったのです。

21世紀になると、ようやく腰痛の常識が変わり始めました。目に見える画像だけに注目して腰痛治療を考えること自体が間違いだったという声が海外でも高まりつつあります。

現代ビジネス「神の手をもつ腰痛の名医が断言。椎間板ヘルニアの9割は誤診です」より

病院に行ってレントゲンやMRIを撮ってその画像だけを元にしての診断が絶対とされる「画像信仰」。

それが主な原因で正確な原因が特定できているのは1.5%しかないというのは衝撃です。

これは普通はにわかには信じられないことだとは思います。

日本では病院の先生は何もかも分かっていて間違いは無いと思われているのが普通ですので、まさかこの記事のような状況だとは普通は知られていませんし思いません。

前向きに考えてみる

この文章内では「ヘルニア」ですがこれをスポーツ少年などに最近増えている「腰椎分離症」や高齢者に多い「脊柱狭窄症」などに置き換えることは出来ないのでしょうか?

画像診断の結果から診断されているということを考えると共通の可能性が高い。

もしそうであるなら?

「腰椎分離症」と診断された人がいて、実際に腰椎に分離が起っているとして。

分離してしまった腰椎はどうにも出来ませんが、もしもそれが片田先生のおっしゃるようなパターンだとして、そしてそこに何らかの方法でアプローチが出来るのなら?

腰痛の85%が「原因不明の腰痛(非特異的腰痛)」であって、さらに上記の記事の内容通りに「原因を診断された腰痛の9割が【診断以外の理由】」というのを合わせて考えると原因として正しいのはなんと全体の1.5%のみということになります。

言い換えれば腰痛の98.5%は原因が分からないか、あるいは原因を診断されても「痛みと診断結果とは無関係」ということになります。

これをどう考えるか?

こういう事ならば、病院とはまた別のアプローチによって改善出来る可能性がある!と前向きにも考えることが出来ますね。

民間療法の可能性

一般的な私のような民間療法家は以下のスタンスです。

「ドクターがそのように診断しているのだからその症状自体はあるのでしょう」

「でもそれ以外の原因も重なっているかもしれませんからそちらへのアプローチ法を探して試してみましょう」

「それで少しでも改善出来て身体が楽になるなら結果オーライ」

「腰痛の原因が不明」だったり「病院での確定的な診断以外が原因」だとしたら上記のスタンスからのアプローチでも改善出来る可能性が高いです。

しかもその可能性が「98.5%」ということであるならば、諦めている腰痛(に限らず痛みの悩み)があれば一度お試しいただくのも無駄ではありません。

最近は小学生でも「腰椎分離症」と言われる子がやたら増えています。

腰椎分離症と診断された場合にはほとんどが数万円のコルセットを購入&着用しながら運動禁止3ヶ月~6ヶ月となります。

そして「それで分離が治る可能性は50%」といったことも言われる。

本人も親もショックを受けながらも「病院の先生が言うのだから」と泣く泣く諦める。

このようなご報告をいただくたびに私も複雑な気持ちになります。

もしかしたら何とか力になってあげられるかもしれないんだけどなぁ・・・と思いつつもなかなか伝えられない想い。

しかし、腰椎分離も根拠が画像診断であって、その画像診断の状況が上記の記事のようであるとするならその痛みも「98.5%」に該当する可能性があると思いませんか?

希望はある!

例えば逆算的にみてましょう。

結果的に「腰椎分離症という診断を受けていたけれど腰以外の部分の筋肉等を緩めるとか仙腸関節の調整によって改善が出来た」という場合にはそれは98.5%の側だったのかもしれません。

なぜなら腰椎が分離(割れる・折れる)していることが痛みの原因ならば腰以外の筋肉調整で痛みが改善出来るはずが無いからです。

そして実際にそういう形で痛みが改善されたということはいろいろな治療家の先生達からの報告などで多くあります。

私のところでも数えきれないほどこれまでにあります。

そういう場合の合理的な説明としては上記の記事の内容が参考になると思われます。

本当は最初の診断で解決すれば一番良いのですが現実的にそういう状況ではないのならその現状の中で少しでも前向きに考えたいと思う訳です。

改善例

下の男性は脊柱狭窄症と診断されてから手術は嫌だと断りながらも長年にわたって腰痛に悩んでおられました。

膝の方にも痛みと痺れが出ていて長い時間は椅子に座れないし、一度座ると立ち上がれないという状況でした。

ビフォーはありませんがケア後ではここまで動けるようになりました。

まとめ

今回は実は書くのには少々勇気がいる内容でした(汗)

ですが、現実に腰痛で困っている方はとても多いです。

そして、当院のことをご存知のかたが、お知り合いなどでひどい腰痛で困っている人に当院のことをご紹介していただくことも多い。

しかしながら「いやー、病院でヘルニアで手術しかないって言われてるから無理でしょ」とか「分離症だから行っても無駄」と反応されるケースは多いと聞きます。

そんな時にはこのブログを読んでいただいて少しだけ目線を変えていただければ何らかのお力になれる可能性もあります。

それでは良い一日を!

LINE公式アカウント運営中です!

よろしければ下のバナーをクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキング

膝が痛い・肩が上がらない・腰が痛いなどでお困りでしたらご相談ください

当院の詳細はこちら:ひろメディカルケアのホームページ

LINE公式アカウントからお問い合わせやご予約も可能です:ひろメディカルケアLINE公式アカウント

twitterでも情報発信中です:ひろメディカルケアのtwitter

※このブログ内、及びリンク先に書かれている内容はあくまでも個人の感想であり万人に同じような効能効果を保証するものではありません

当院使用のキネシオロジーテープです

日東メディカル キネロジEX NKEX-50L 50mm×31.5m 1巻 【キネシオテープ】

価格:3580円(税込、送料別) (2019/10/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

筋肉の勉強をしたいならこの本がおすすめです