ひろメディカルケアって?

神奈川県相模原市の治療室です。
当院では特にスポーツによる様々な障害・外傷をはじめとして、日常的な腰痛・膝痛・肩痛などの改善に力を入れております。

また、身体の痺れ・偏頭痛・突発性難聴などの改善実積も多数あり。

どこに行っても良くならない身体のお悩みの解決のお手伝いをさせていただきます!

「RICE処置を疑う-POLICE処置から逆算して考えた-」相模原 成長痛と身体の痛み専門 【ひろメディカルケア】

RICE処置

こんにちは。

成長痛と身体の痛みの改善専門家、ひろメディカルケアのヒロです。

日本のスポーツの現場では常識としてなっているRICE処置。

このブログではこれまでRICE処置についての私見を書いてきました。

「レスト」についてはこちら↓

「RICE処置を疑う-レストについて」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

「アイシング」についてはこちら↓

「RICE処置を疑う-アイシングについて」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

「コンプレッション(圧迫)」と「エレベーション(挙上)」についてはこちら↓

「RICE処置を疑う-圧迫と挙上について」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

今回からはそのシリーズのまとめ前編を書きたいと思います。

RICE処置のデメリット

私の意見としてはRICE処置は「ファーストエイドに向いているけれど怪我の回復(修復)の段階においては不向き」です。

デメリットとしては大きく二つ。

  • 固定による筋力の低下と筋肉の機能不全
  • 過度の冷却・圧迫・挙上による血液とリンパ液の流れの阻害

この二つです。

「宇宙飛行士の筋肉と怪我の修復についての因果性」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

「【血液】 栄養と酸素の運び屋」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門【ひろメディカルケア】

 

RICE処置のメリット

RICE処置を行うべきなのは主にスポーツの現場における怪我に対してのファーストエイド(応急処置)においてであって、具体的には例えば以下のような場合になります。

  • 外出血してしまっているような怪我の場合
  • 完全骨折などの物理的損傷が疑われる場合

さらに、スポーツ外傷において上記ふたつのようなレベルほどでない怪我の場合でも「ファーストエイド(応急処置)としての一時的な処置」として適切な状況はあります。

例えば、グラウンドなどで実際に怪我をしてしまってその怪我自体はそれほど重くないとしても「子供が痛がってどうにもならない」といったような状況なら痛み緩和の処置という目的としてなら効果的です。

しっかりと冷却することで感覚麻痺をさせて痛みを緩和するとか、固定圧迫して患部が動くことから発生する痛みを減らすなど。

現実に痛みで悶絶している選手を目の前して「固定はしないほうがいい」とは言えないし何とかしてあげたい。

このような状況ならば通常は運動中止にして医療機関等に行くことになると思われますので、それまでの処置としての意味として考えるのなら意義は大きいと思われます。

このブログで問題だと考えているのはその怪我の状況が次の回復の段階に入ってからの場合です。

この段階となった場合にはRICE処置は避けた方が良いと考えています。

「RICE処置は本来はそういうものでファーストエイド向けのもの」というご意見もあろうかとは思うのですが、実は私がRICE処置は本来はファーストエイド向けとしてのものだったとしても現状ではやはり本来の主旨と変わっているんだなと感じた理由があります。

それは「POLICE処置」というものの登場です。

POLICE処置

応急処置の手当の基本はRICE処置と言われてきました。
Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)、これらの頭文字をとったものであり、スポーツを始め外傷の緊急処置の基本と言われています。
しかし、安静だけでは、損傷した組織を保護できないことから、RICEにProtection(保護)を加えたPRICEと呼ばれる処置に変遷してきました。
さらに近年において、急性損傷の早期管理として必要以上の固定、安静は悪影響を及ぼすことが分かってきており、安静(Rest)を、Optimal Loading(最適な負荷)に置き換えたPOLICEという概念が広まりつつあります。

亀田メディカルセンタースポーツ医科学HP」より

RICE処置に「Protection(保護)」を加えた「PRICE処置」はファーストエイド時の方法としてなら理解できます

しかし、「Rest」の代わりに「Optimal Loading(適切な負荷)」が加わって「POLICE処置」となると少し話のニュアンスというか印象が変わります。

受傷した直後のファーストエイド段階では多くの場合には「最適な負荷」を掛けるというのは現実的には難しい。

捻挫した直後の足に体重を掛けるように言っても通常は無理です。

なのでこれは初期の処置が行われた後で適切な負荷を掛けられるようになった次の段階(つまり回復に向かわせる段階)を想定していると思われるわけで、その段階で痛めた部位に「最適な負荷」を掛けることは私も必要だと考えます。

しかし、ここで問題なのはやはりその段階としても「冷却・圧迫・挙上」は残っているということですす。

このことから逆に辿って考えてみると本来の意図や目的とは違って、現状としてはRICE処置はやはり回復させる段階における方法として扱われているのでは?と思うのです。

意味はないけど見つめていたい・・・↓

ではどうするか?

治療の段階で固定や圧迫はやめたほうが良い。

しかし、初期段階を経て治癒段階に入っても痛みはあるわけですし、むしろそこからの期間が長くかかる。

その期間について当人を苦しめるであろう「現実的な痛み」についてはどうするの?ということになります。

ひろメディカルケアでは「畑中式メディカルテーピング」をメインとしてケアしていますが、このテーピング療法は「魔法のテーピング」と呼ばれるくらいの効果が出ます。

「でも、テーピングって固定と圧迫じゃないのか?」と思われるかたもいらっしゃるかと思います。

それはこれまでのテーピングを知っていれば当然の疑問です。

しかしこのテーピングは固定も圧迫もしません

なのに驚くほど痛みが改善できます。

現実的には痛みさえ改善できるならばサポーターやギプスで固定する必要はありません。

下の動画はサッカーで膝を怪我した中学生です。

病院では「骨や靭帯には異常無し」という診断でしたが痛みが強くて歩けずでギプス固定+松葉杖となってしまいました。

何とかしたいということでご来院いただいた時の動画です。

これだけ痛みを改善できて動けるのならギプスと松葉杖を使う必要はありません。

固定も圧迫も挙上も無しで適度な負荷を掛けながら改善出来るわけです。

 

怪我でお困りでしたらご相談ください。

それでは良い一日を!

 

LINE公式アカウント運営中です!

よろしければ下のバナーをクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

膝が痛い・肩が上がらない・腰が痛いなどでお困りでしたらご相談ください

当院の詳細はこちら:ひろメディカルケアのホームページ

LINE公式アカウントからお問い合わせやご予約も可能です:ひろメディカルケアLINE公式アカウント

twitterでも情報発信中です:ひろメディカルケアのtwitter

※このブログ内、及びリンク先に書かれている内容はあくまでも個人の感想であり万人に同じような効能効果を保証するものではありません