ひろメディカルケアって?

神奈川県相模原市の治療室です。
当院では特にスポーツによる様々な障害・外傷をはじめとして、日常的な腰痛・膝痛・肩痛などの改善に力を入れております。

また、身体の痺れ・偏頭痛・突発性難聴などの改善実積も多数あり。

どこに行っても良くならない身体のお悩みの解決のお手伝いをさせていただきます!

後十字靭帯が伸びてると言われた高校生 相模原の成長痛と痛み改善専門

ひろ

成長痛と身体の痛みの改善専門家、ひろメディカルケアのヒロです。

本日はサッカー試合で怪我をして「後十字靭帯が伸びている」と診断された高校生のサッカー選手のお話です!

膝の怪我はサッカー選手に限らずですがスポーツをやっているといちばん多いかもしれません。

その中でも重いものとしては「前十字靭帯」や「半月板」や「側副靭帯」などにに関わるようなものです。

実際に当院でもこれまでにスポーツによる膝の怪我でお越しになられているかたは多いです。

「(動画あり)内側側副靭帯 厚木のサッカー少年」 相模原 成長痛と身体の痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

2019年10月5日

「膝痛で包帯グルグル巻きなのに今週末の試合に出たい子」 相模原 成長痛と痛み改善専門 【ひろメディカルケア】

2019年11月8日

後十字靭帯

後十字靭帯(こうじゅうじじんたい、Posterior Cruciate Ligament; PCL)は、膝関節の中にあって大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を結ぶ強靭な紐で、関節を安定に保つ支持機構をいう。脛骨が後方へ変移する(ずれる)ことを防ぐ。

Wikipedia「後十字靭帯」より

後十字靭帯は足の脛(すね)の後ろから腿の骨の前方に斜めに着いている靭帯で、膝が後ろにずれないように繋ぐ役目をしています。

ですのでこの靭帯が切れたり伸びたりすると膝が後ろ側に緩くなってしまって安定を失います。

膝が後方にずれて動いてしまうような感覚です(テストすると明らかに動きます)。

ひろ
「前十字靭帯」を切ったり伸ばしたりすると逆に前方に膝がゆるくなってしまうんです!

5ヶ月前からの膝の痛み

今年の7月くらいにサッカーの試合中に膝を痛めてしまった高校2年生。

病院では「後十字靭帯が伸びている」と言われたとのこと。

かなり腫れも痛みも出ていてプレーが出来ずで、夏休みの合宿も膝の痛みで不参加だったそうです。

靭帯というのは一度伸びてしまうともう戻りませんので、その場合に多くは周囲の筋肉を鍛えて靭帯をサポートするという対応策となります。

今回に来てくれた高校生はお知り合いから当院をご紹介していただいて都内からお越しいただきました。

膝を痛めてから5か月、ずっと膝の裏側に痛みがあって膝を曲げる動作などをすると鋭い痛みが出ていました。

結果、こうなりました↓

まとめ

いつも同じようなことばかり書いて恐縮なのですが、、、

病院の先生が「後十字靭帯が伸びている」というのですからおそらく伸びているのだと思います。

しかし、膝に出ている痛みの原因はそれでは無かったのかな?ということなのだと思います。

いずれにしても、病院とは違うアプローチで結果的に改善出来たということで良いとおもいます。

なお、余談ながらチームメイト2名が「腰椎分離」という診断で「コルセット&運動禁止」の状態ということ。

それは是非ともお越しいただきたいとお伝えお願いしました。

ひろ

7月からの痛みが無くなった!と本人は喜んでくれたので私も嬉しいです!

それでは良い一日を!

LINE公式アカウント運営中です!

よろしければ下のバナーをクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキング

膝が痛い・肩が上がらない・腰が痛いなどでお困りでしたらご相談ください

当院の詳細はこちら:ひろメディカルケアのホームページ

LINE公式アカウントからお問い合わせやご予約も可能です:ひろメディカルケアLINE公式アカウント

twitterでも情報発信中です:ひろメディカルケアのtwitter

※このブログ内、及びリンク先に書かれている内容はあくまでも個人の感想であり万人に同じような効能効果を保証するものではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です